Qスイッチルビーレーザーでシミがかさぶたにならない場合

Qスイッチルビーレーザーでシミを焼いてから翌日にはすぐにかさぶたができるのが通常の状態です。

ただ、中にはかさぶたにならないシミもあるようです。

私の場合の例ですが、こちらの治療直後の画像をご覧ください。

 

f:id:yuhi_t:20170513140020j:plain

赤い丸で記したところはかさぶたになっていません。

この部分のシミは元々他のシミと違って濃く、しかも皮膚の深層にできていたものです。

そのため他のシミのようにレーザー治療してもかさぶたが出来ないのです。

ただ、皮膚の奥深くの方でかさぶたになっている状態なので、次第に消えていくそうです。

 

なお、治療方法によってはレーザーが適切に照射されていないケースも考えられます。

3ヶ月程度様子を見て状況が改善しないようであれば、再度医師と相談してレーザーを照射し直すことも必要です。

 

シミ取りレーザーの経過写真はこちらから。